原因はホルモン

ニキビで悩んでいる方は多いようです。一口にニキビといっても、その年代、性別、原因によっていろいろです。20歳を過ぎたら、顔のできものはニキビとはいわず吹き出物、そんな間違った考えをしている方もいらっしゃるかもしれません。20歳を過ぎてもニキビはニキビ。吹き出物とは違います。幼児や思春期前の子供の肌にニキビを見たことはめったにありません。たいてい、ホルモンバランスが崩れる思春期から、ニキビはでき始めます。そして、30歳になった時もニキビができることもあります。

男性も女性もニキビはいつだってできます。思春期のニキビと大人になってからのニキビは、その原因が少し変わってきます。いずれも体内のホルモンバランスが影響しています。ホルモンとはよく耳にする言葉ですが、その働きで体調変化をもたらすものです。ニキビなんてと思っていたら大変なことになります。思春期の頃は、意思とは関係なく、体の劇的な変化によって発生するものですが、大人になってからのニキビに関しては、日頃の生活そのものが原因を作っています。具体的には、食べ物やストレス、生活習慣がホルモンバランスを狂わせてニキビの原因になっています。

大人になってからもニキビができるという事実、その原因がホルモンバランスだということを知っておくことが必要です。そして、ニキビをなくすためには、一番良いのが皮膚科での治療であるということ。それと、体内のホルモンバランスを良好にすること。これが大切なことです。

Copyright © 2014 ニキビの原因と改善 All Rights Reserved.